年齢を重ねることで出る

肝斑治療の歴史について

肝斑とはシミの一種で、ほほの両側に広がってくるシミを指します。年齢を重ねるに従って肝斑が出やすくなり、妊娠をきっかけとしてできる場合やストレスなどを受けてホルモンバランスがくずれて現れることもあります。肝斑の治療方法としては、従来トラネキサム酸の内服療法が一般的でした。しかしトラネキサム酸にはメラニンの生成を抑える働きはあるものの、色素を薄くする効果はありません。こうして肝斑の治療薬として次に注目されたのはトレチノインと呼ばれるビタミンA誘導体です。しかしこの治療法にも皮剥けや赤みの持続といったデメリットがあり、最近ではレーザー治療と内服薬を組み合わせた治療方法が多く採用されるようになりました。

今後のケアの動向予測について

肝斑の治療法として注目されている方法は、レーザーや光治療に加えて外用薬や内服薬を組み合わせたもので、多くの医療機関で取り入れられています。患者一人一人の症状に最適な治療方法を提案してもらうことが重要となり、長い期間しっかりとケアし続けることが必要となります。レーザーは弱い出力でメラニンを確実に取り除いていくことがおすすめです。またピーリングを併用しながら古い角質を落としていくことも効果的です。内服薬としてはトラネキサム酸やビタミンC、グルタチオンやビタミンHがおすすめです。外用薬としてはハイドロキノンやトレチノインが多く利用されています。30歳代から40歳代に多いと言われている肝斑は、今後ますます多くの人々が治療するようになるのではないかと推測されます。

Copyright(c) 2015 ウルセラで誰ももっていない美貌を手に入れる All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com